Don’t Look Back in Anger

読み : ドント・ルック・バック・イン・アンガー

『Don’t Look Back in Anger』はイギリスのロックバンド・Oasis(オアシス)の曲。
アルバム『(What’s the Story) Morning Glory?)』収録(1995年発表)
作詞作曲はノエル・ギャラガー。

ドント・ルック・バック・イン・アンガー

『Don’t Look Back in Anger』のイントロの元ネタ

この曲のイントロはジョン・レノンの『Imagine』が元ネタになっている。ノエルが敬愛するジョン・レノンの曲を引用し、新たな名曲が生まれた。

どっかで聴いたことあるなぁというより、『Imagine』のイントロのコード(C→F→C→F)をそのまま引用しているから同じ。


曲中に登場する「Sally」の由来

この曲のサビの冒頭「So Sally can wait」の「Sally」は、Stone Roses(ストーン・ローゼズ)の曲『Sally Cinnamon』が由来となっているそう。

この曲はノエルがある女の子について書いた曲で、女の子の名前を考えている時に『Sally Cinnamon』をたまたま耳にし、弟のリアム・ギャラガーが「Sally」にしてはどうかと言ったのがきっかけのようだ。音楽誌・SNOOZER(スヌーザー)でこのようにノエルは語っていたそう。

しかし、Oasisのベストアルバム『タイム・フライズ…1994-2009』のインタビューでその由来を否定しているので、どちらが本当なのだろうか。

また、こんな話もある。パリでライブをしていた時にコードを書き始め、2日後のシェフィールド・アリーナでのライブでのサウンドチェックの際にそのコードに適当に歌詞をつけて歌ったところ、リアムが「お前何を歌ってるんだ?」「”So Sally can wait”って歌ってただろ?」と言ったそう。ノエルがそのフレーズを気に入って歌詞にしたという話。
【参考】Oasis Don’t Look Back in Anger 歌詞の和訳と解説

Very Best of the Stone Roses

Don’t Look Back in Angerの意味

「look back」は「振り返る」、「in anger」は「怒って」を意味する。「Don’t Look Back in Anger」はCDの日本語訳では「怒りに転嫁しちゃいけない」と訳されている。Don’t Look Back in Angerだけ見ると意味がよく分からないが、Her soul slides away(Slide=滑る、Away=離れて)の「Slide away」を「離れていく」で意訳すると以下の意味で解釈できる。

Her soul slides away, but don’t look back in anger I heard you say.
彼女の心は離れていく、でもそれを怒りに転嫁しちゃいけない、君がそう言うのを聞いた

(What's the Story) Morning Glory

Oasis(オアシス)
『Wonderwall』
『Cast No Shadow』(誕生秘話)