Salyu

読み : サリュ

Salyuはトイズファクトリー(レコード会社)所属の女性アーティスト。
ミスチルのプロデューサー・小林武史のプロデュースでデビュー。
Salyu名義でのソロデビューは2004年だが、
架空のアーティストとしてのLily Chou-Chou名義で2000年にデビューしている(後述)。

merkmal 通常盤

Salyuの由来・意味

Salyuは本名ではなく、小林武史が命名したアーティスト名。
Salyuの由来・語源はフランス語の「Salut」。
「Salut」は「乾杯」または「親しい間柄でかわされる挨拶」を意味する。

Lily Chou-Chou(リリイ シュシュ)

岩井俊二監督の映画『リリイ・シュシュのすべて』に登場する、
架空のアーティスト「Lily Chou-Chou」のヴォーカルはSalyuが務めている。
詳しくは以下の元ネタを参考に。

Lily Chou-Chou(リリイ シュシュ)
『VALON(VALON-1)』

《こちらのネタもどうぞ》