熱盛

読み : アツモリ

「熱盛(あつもり)」は、熱く盛り上がった時に使う言葉。
ネット上では「熱盛」というロゴを使ったコラ画像が出回っている。

熱盛とは – 元ネタ

「熱盛」の元ネタは、テレビ朝日の報道番組『報道ステーション』のプロ野球コーナー「きょうの熱盛(アツモリ)」。
その日のプロ野球の試合で「熱く盛り上がったシーン」を流すコーナーで、1分ほどの短い時間でファインプレーを紹介。
各ファインプレーを流した後に「熱盛!!」という掛け声と共に画面右下に「熱盛」のロゴがどどん!と表示される。

これだけなら普通の番組のワンコーナーで終わるのだが、『報道ステーション』では「熱盛」絡みで何度か放送事故を起こしている。
それは「きょうの熱盛」とは全然関係ないコーナーで「熱盛」のロゴが出てしまうという放送事故

「熱盛」放送事故ファイル:1

最初の「熱盛」放送事故が起こったのは2017年4月20日の放送。
福岡市で起きた「三億円強奪事件」の続報を流す際、誤って画面右下に「熱盛」のロゴが表示されてしまった。
スタジオから富川悠太アナが現場へ渡すシーンであったため、富川悠太アナはすぐさま以下のようにお詫びの言葉を述べた。

失礼しました。熱盛と出てしまいました。

真面目な報道の際に「熱盛」が出てしまったタイミングの悪い放送事故である。

「熱盛」放送事故ファイル:2

2回目の「熱盛」放送事故は2017年8月24日の放送で起きた。
豪雨に見舞われた秋田市中心部の様子を中継する際、またもや画面右下に「熱盛」のロゴが表示されてしまった。
富川悠太アナは前回の放送事故同様、すぐさまお詫びの言葉を述べたが動揺したのか少し噛み気味だった。

あっ…熱盛が出てしまいまっ…ました失礼しました。

今回の掛け声は「アァツモリィィ!!」というちょいふざけたバージョンであった。
しかも全て言い切る前に切られたので「アァツモリィ…」と中途半端な「熱盛」になったしまった。

「熱盛」がネット上でネタに

これらの放送事故が起こって以来、ネットでは「熱盛」がネタにされることとなった。
Twitterでは「熱盛」のロゴを使ったコラ画像が作られ盛り上がりを見せている。
富川アナのお詫びの言葉「失礼しました。熱盛と出てしまいました。」もよく使われる。

好きな言葉で熱盛風ロゴを作成できる「熱盛ジェネレーター」や動画再生中に10%の確率で「熱盛」と表示されるChrome拡張機能まで開発されるなど、ネット上では「熱盛」で遊ぶ人が増加している。

熱盛ジェネレーター
熱盛ジェネレーター

「失礼しました。熱盛と出てしまいました。」も流れる。
たまに熱盛が出てしまうextension
たまに熱盛が出てしまうextension