こういうのでいいんだよ

読み : コウイウノデイインダヨ

こういうのでいいんだよとは

「こういうのでいいんだよ」は、ネット上でよく見られる言い回し。特に料理の話題でよく用いられる。

「こういうのでいいんだよ、こういうので」や「そういうのでいいんだよ」という書き方をされることも多い。

こういうのでいいんだよの元ネタ

このフレーズは、漫画『孤独のグルメ』の主人公・井之頭五郎の台詞が元ネタである。

この台詞が登場するのは第12話『東京都板橋区大山町のハンバーグ・ランチ』。

ランチタイムギリギリに洋食屋に入った五郎は、お店のオススメだというハンバーグランチを注文。しばらくして出てきたハンバーグランチを見て五郎が言ったのが「ほーいいじゃないか こういうのでいいんだよ こういうので」である。

五郎が注文したハンバーグランチは、ケチャップベースのソースがかかったハンバーグに、目玉焼き、カレー味のスパゲティ、ポテトフライ、人参というシンプルでどこにでもありそうな普通のもの。

無闇に店の個性を出そうとしたり、話題性のために奇をてらったメニューも多い中で、ただ普通に美味しいものを食べたい五郎にとって、このハンバーグランチはまさに「こういうのでいい」と言いたくなるシンプルなランチだったというわけだ。

「こういうのでいいんだよ」は『孤独のグルメ』の数ある名言の一つともされているが、このハンバーグランチ回のエピソードが印象的であることもフレーズが広まった一因だと思われる。この後に出てくる「それ以上いけない」という店員の台詞もよくネタにされている。

詳しくは→「それ以上いけない」の元ネタ

Twitterでの使用例

「こういうのでいいんだよ」は、自分の中での理想像とまではいかないが、シンプルでコスパが良いものなどに使われているケースが多く見られる。「インスタ映え」なんていう言葉がある中で、インパクト重視で派手な見た目ではなく、見た目は普通だが手頃な価格で確実にうまい、そんな料理に対して使いたいフレーズ。

ラーメンを中心に料理の画像を添付して使われることが多いが、商品やサービスなどに対して用いられることも少なくないようだ。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan