潮騒

読み : シオサイ

潮騒とは・意味

ここでは、ネット掲示板などで用いられる「潮騒」について解説する。

なんJなど5ちゃんで見られる「潮騒」という書き込みは、「詳細」という意味である。読み方は「しおさい」。

潮騒 (新潮文庫)

主に貼られた画像について、その画像に映っているのが誰なのか、なんという作品なのかなど「詳細」を求める際のレスとして「潮騒」と書き込まれる。

要するに「詳細希望」「詳しい情報をくれ」といった意味の言葉であり、一昔前であれば「詳細キボンヌ」などと書き込んでいたところ。なんJなら「詳細ハラデイ」や「詳細クレメンス」と同じだと言えるだろう。

「潮騒」は特にひねりもなく、「詳細」と響きが似ていることや、書き込む時に打ちやすいといったところから使われている。

そもそも「潮騒」というのは、潮が満ちる時の波の音のことだが、三島由紀夫の小説およびこれを原作とした映画で知られている。三島由紀夫の『潮騒』には「その火を飛び越してこい」というちょっとエッチなシーンがあることから、そういった画像を求める際に「潮騒」と書き込むのはピッタリなのかもしれない。

《こちらのネタもどうぞ》