いつもここから

読み : イツモココカラ

いつもここからとは

いつもここからは、ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ。山田一成と菊池秀規の二人で1996年に結成。

「悲しいとき〜」や「バカヤロコノヤロオメェ(ツッコミ暴走族)」のネタで知られる。

Eテレ『ピタゴラスイッチ』のコーナー「アルゴリズムたいそう」にレギュラー出演しているが、同番組では二人の名前がテロップで出る際にコンビ名が表記されないため、「いつもここから」というお笑いコンビであると知らない人も少なくない。

いつもここからの由来

「いつもここから」というコンビ名は、「初心忘るべからず」ということわざからで、いつも原点を忘れないようにしたいという思いで付けられたもの。

いつもここからはもともとバンドのメンバー募集で知り合った二人が、突如お笑いに目覚めて結成したコンビで。バンドを抜けてお笑いを始めたのだが、そのバンドの名前も「いつもここから」だったという情報もある。真偽は不明。

ハートせつなく

山田はお笑い芸人のヒロシ、今泉稔、世界のうめざわと4人で「ハートせつなく」というバンドを結成している。これは「いつもここから」というコンビ名が決まる前に、コンビ名の候補の一つに挙がっていた名前。

そして「ハートせつなく」というのは原由子の同名の楽曲から。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan