ニッポンの社長

読み : ニッポンノシャチョウ

ニッポンの社長は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。
NSC大阪32期生の辻と33期生のケツの二人で2013年に結成された。

ニッポンの社長

https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=5141

ニッポンの社長の由来

「ニッポンの社長」というコンビ名は、「先輩に挨拶する時にビビってもらえるから」という理由で付けられたという。

ピン芸人をやっていた辻を別のコンビが解散したケツが誘ってコンビを結成。
コンビ名を考える際に「ちょっと浮くぐらいの名前が良い」と思ったという。

コンビを結成した2013年当時は「モンスター・エンジン」のような2つの言葉を組み合わせたコンビ名が主流だったが、自分達が売れるのは数年後になるので、そういったコンビ名を付けると古くなると考えたようだ。

その際に候補として「焼き肉」という名前があり、本人達は気に入っていたが周りから反対されたため「ニッポンの社長」となった。
参考:異色のお笑いコンビ「ニッポンの社長」は、周囲が反対しなければ「焼き肉」だったかも?

それぞれの芸名

辻の本名は辻 皓平。ピン芸人として活動していた時の芸名は「辻クラシック」。

ケツの本名は西原 大地。「ケツ」という芸名は辻がつけたもので、コンビを組んだ際に「ケツって感じがする」と深い意味はなくフィーリングで命名された。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan