SERP

読み : サープ

SERPとは?意味

「SERP」は「Search Engine Result Page」の略称で、Googleなど検索エンジンの検索結果ページを意味する。「SERP」と書いて「サープ」と読む。Google、Bingなど各検索エンジンは、アルゴリズムによって表示するWEBページの順位を決定している。Yahoo!は以前は自社の検索エンジンを使用していたが、2010年より米Yahoo!はマイクロソフトのBingを、Yahoo! JAPANはGoogleの検索エンジンを採用している。

SERP

ユーザーの検索キーワードに関連したコンテンツが上位表示されやすくなり、検索結果(SERP)の上位に表示されるほどアクセスが見込める。例えばGoogleでは1ページに10件が表示されるため、2ページ目よりも1ページ目にWEBページが表示された方がアクセスが見込むことができ、1ページの中でも上に表示された方がアクセスが期待できる。検索されそうなキーワードをコンテンツに取り入れたり、他のサイトからリンクを得ることで検索結果で上位表示を狙う施策をSEO(Search Engine Optimization:検索エンジン最適化)と呼ぶ。Yahoo!JapanもGoogleの検索エンジンを採用しているため、日本の検索エンジンのシェアはGoogleが占めており、SEO=Googleの検索結果に上位表示させるための施策であることがほとんど。Googleはパンダアップデートペンギンアップデートハミングバードといったアルゴリズムの存在を公表しており、ユーザーが求める有益なWEBページが上位に表示されやすくするため、アルゴリズムは1年に500回以上も更新されている。