OJS48

読み : オージェイエスフォーティーエイト

OJS48は秋元康ががプロデュースをしている元大阪府の刑事・警察官による16名のおじさま方。
秋元康のプロデュースにより62歳で歌手デビューした元大阪府警刑事・中谷満男を中心に2010年に誕生。
『深呼吸』でデビュー。
AKB48には姉妹グループがいくつかあるが、
親戚のおじさんグループといったポジション、としか言いようがない。

深呼吸

OJS48の由来・意味

OJS48は「おじさん(OJISAN)」の略。
AKB48のプロデューサーの秋元康のプロデュースということで、
OJS48というグループ名となった。
以下は公式サイトより引用。

OJS48のデビュー曲「深呼吸」は、秋元康作詞・プロデュースによる感動的なメッセージソング。「川の流れのように」や「サライ」を彷彿とさせる味わいの歌は聴く人をホロリとさせ、これからの同窓会、冠婚葬祭の定番となること必至の名曲です。

そう、OJS48は同窓会や冠婚葬祭の定番ソングを狙っているのだ。

中谷満男

中谷満男は秋元康が企画した50歳以上限定の歌手オーディション「夢には、まだ、間に合う」で優勝。
『浪花刑事ブルース』でデビュー。
『浪花刑事ブルース』のPVは元刑事だけあって刑事ドラマ仕立てになっている。
PVにはAKB48の大島優子、篠田麻里子(写真)が出演しており、
吉本の芸人(木村祐一、しずるの村上純、麒麟の川島、ペナルティのヒデ、はんにゃの金田、トータルテンボス、南海キャンディーズ・しずちゃん)も出演している。

本物の刑事が演じる刑事ドラマPVであり、
刑事が言いそうなセリフまで入っているという刑事三昧のPV。
下に動画を貼ってあるのでご覧あれ。
作詞はもちろん秋元康。
“逃さへんで、わっぱかけるまで~♪”