Syrup 16g

読み : シロップジュウロクグラム

Syrup 16gは五十嵐隆を中心としたスリーピースロックバンド。
「16」は日本語読みをし、バンド名は「シロップ”じゅうろく”グラム」と読む。
1996年に結成され2002年にアルバム『coup d’Etat』でデビュー。8枚のオリジナルアルバム・2枚のベストアルバムを残し2008年に惜しくも解散。

静脈

Syrup 16gの由来

「Syrup(シロップ)」の由来は五十嵐隆が好んでいた甘い咳止め用シロップ
「16g」は練習後や打ち合わせによく訪れていたミスタードーナツでバンド名を考案していた際、コーヒーシロップの量が「16g」であったことに由来する。
Syrup 16gと名付けた五十嵐隆はバンド名について以下のように語っている。

ぬるいままで好きな音楽を好きなだけやろうっていう、そういう意味を込めて…。
甘い咳止め用のシロップが俺は大好きで、シロップって言葉が頭の中で快楽的なものと直結して。

犬が吠えるの由来

五十嵐隆のソロプロジェクト名である「犬が吠える」の由来は日本語が良かったことと、特に意味は必要なかったため、「犬」は「吠える」と思って名付けたそう。
スピッツの草野マサムネにバンド名を教えてと言われた際、その場では恥ずかしくて伝えられずメールで「犬が吠えるです」と伝えたところ、「いいバンド名だね、俺も日本語の名前にしたかったんだよな」と返信してくれたことで「いい名前だったんだ」と思いバンド名に決めたそう。
「犬が吠える」はSyrup 16g解散後の2008年秋から活動をスタートしたが、2009年4月18日に公式ホームページで突如解散を発表。

ROCKIN’ ON JAPAN 2009年1月号で由来について以下のように語っている。

何となく日本語がいいなと。 意味は特にいらなかったので、「犬」は「吠える」よなぁと思って。 

ミスチルの桜井和寿はSyrup 16gの『Reborn』を気に入っており、Bank Band(ミスチルの桜井和寿とプロデューサーの小林武史によるバンド)の『沿志奏逢3』でカバー。
またレミオロメンのヴォーカル・藤巻亮太は「他人に曲を書いてもらうならSyrup16gに」と語っている。

沿志奏逢 3