いもいも

読み : イモイモ

「いもいも」とは・意味

「いもいも」とは、ライトノベル/アニメの『俺が好きなのは妹だけど妹じゃない』の略称である。タイトル中に2つ使われている「妹(いもうと)」をつなげて略して「いもいも(妹妹)」。

「いもいも」は、恵比須清司によるライトノベルが原作で、2018年10月にアニメ化。成田コウ作画によるマンガ版も出版されている。

いもいも-俺が好きなのは妹だけど妹じゃないいもいも-俺が好きなのは妹だけど妹じゃない-アニメ

この作品は、主人公の永見祐の妹・涼花がライトノベル作家としてデビューが決まったが、父親が厳しいということで兄の祐の名義で作家になることに、というのがあらすじ。主人公の祐は妹萌えを理解していないが、妹の涼花はお兄ちゃんが大好きなブラコンで、作中では『お兄ちゃんが好きすぎて困ってしまう妹の物語です。』というタイトルのライトノベルを書いている。

「いもいも」の作画崩壊が話題に

「いもいも」は第1話から作画が不安定で心配の声が上がっていた。2話からは改善されると思いきや、毎話、ネットでツッコまれるほど作画が不安定な状態が続いている。

作画崩壊と言えば、『夜明け前より瑠璃色な』で描かれたキャベツが有名だが、2018年でこれだけ作画崩壊するアニメも珍しい。

キャベツの元ネタ

まずは第1話の作画崩壊シーン。背中が不自然な位置で折り曲がっている。ネットで「スフィンクス」と呼ばれる。

続いて第2話の作画崩壊シーン。顔が溶けかけている。

さらに、第2話ではこんな作画ミスも。妹が手に持っていたスマホが、次のシーンでガラケーに。

第3話。お兄ちゃんが異様な吊り目に。ネットでウルトラマンベリアルとツッコまれる。

第4話。めちゃめちゃ細かい指摘だが、妹の重心がおかしなことに。

第5話。左の人、誰?

第6話。あ、涼k………誰?

本来なら、こんなかわいい妹。

いもいも-6話-2

第7話。涼花の体が「キャプテン翼か」とツッコミたくなるような不自然な等身に。

8話でようやく作画が回復か?

9話。スタジオの中に自販機があるという謎構成。あと、走る涼花の顔のテキトーさ。8話の作画はどこへ…

随所で作画崩壊したかと思えば、キャベツだけは高いクオリティで描くという。キャベツと言われるのをよほど回避したかったのか。

あと、やたらと人物が横向きのカットが多いのも「いもいも」の作画の特徴。横画面に何か特別なこだわりがあるのか…?

《こちらのネタもどうぞ》