奥歯をガタガタいわせ節

読み : オクバヲガタガタイワセブシ

奥歯をガタガタいわせ節とは

「奥歯をガタガタいわせ節は、オスカープロモーション所属のお笑い芸人・ふーみんの持ちネタのひとつ。2017年12月29日に放送された「朝まであらびき団スペシャル あら-1グランプリ2017」で披露し、見事、優勝を勝ち取った。

優勝後のふーみんのツイート

「奥歯をガタガタいわせ節」は、映画のオチを言う奴、満員電車でパンパンのリュックを降ろさない奴など、世の中のなめとる奴に対する警告である。そのような、なめとることをしようものなら、ケツの穴から指突っ込まれて奥歯をガタガタ言わされるであろう。

こちらは「奥歯をガタガタいわせ節」の導入部分。

世の中にはなめとる奴らがたくさんいます
そういう奴は、ケツの穴から指突っ込んで奥歯ガタガタ言わせたろ、かいっ!

なめと〜る奴には♪ なめと〜る奴には♪
ケツの穴から指突っ込んで、奥歯をガタガタ言わせ節♪

奥歯をガタガタいわせ節の元ネタ

「奥歯ガタガタいわせ節」の元ネタは、岡八郎のギャグ「ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わせたろかい」。さらにその元ネタは、藤田まことがコメディ番組「てなもんや三度笠」で演じた、あんかけの時次郎のセリフ「耳の穴から指突っ込んで奥歯ガタガタ言わせたる」である。

元ネタの詳しい解説

ここで注意したいのは、ふーみんの「奥歯をタガタいわせ節」は、「ケツの穴から突っ込んで奥歯をガタガタいわせる」と、元ネタが混じっている点。「ケツの穴から」は岡八郎のギャグから、「指突っ込んで」はオリジナルである「あんかけの時次郎」のセリフからとっているようだ。

岡八郎が吉本新喜劇で「ケツの穴から手ぇ突っ込んで奥歯ガタガタ言わせたろかい」をギャグとして言っていたこともあり、関西圏ではこちらの言い回しがよく知られている。

最後に、ふーみんの「奥歯をガタガタいわせ節」のフルバージョンをご覧いただいて、本記事を締めくくるとする。

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan