チャラリー鼻からパズドラ

読み : チャラリーハナカラパズドラ

チャラリー鼻からパズドラとは

「チャラリー鼻からパズドラ」は、スマートフォン用ゲーム『パズル&ドラゴンズ』のCMで用いられているフレーズ。

黄色い謎の生き物がパズドラのドロップを出し、「チャラリー鼻からパズドラ」とギターに合わせて歌っているCMである。

チャラリー鼻からパズドラの元ネタ

わからない人からすれば意味不明なCMだが、これは嘉門達夫の『鼻から牛乳』という楽曲が元ネタとなっている。

『鼻から牛乳』は「男と女の恋模様」で始まり、男女間の悲劇的な出来事なエピソードに「チャラリー鼻から牛乳」を挟んでいくというコミックソングである。

『鼻から牛乳』は1992年に替え歌メドレーとの両A面シングルとしてリリースされ、オリコン最高8位を記録している。何度も出てくる「チャラリー鼻から牛乳」が非常に印象的で、当時の子供たちを中心に広く知られるフレーズとなった。

「鼻からパズドラ」のCMは2019年2月から放送されているが、なぜいまさらこんな昔のフレーズを用いたCMを制作したのかは謎である。「若い人には伝わらないのでは?」という声も多数聞かれる。

また、CMに出てくる黄色い生物は、テレビアニメ版パズドラに登場する「トラゴン」というキャラクター。ゲーム本編ではほとんど登場しないことや、アニメ版の知名度があまり高くないことなどから、「トラゴン」=「鼻からパズドラ」と認識している人もいるようだ。

「鼻から牛乳」の原曲

説明するまでもないかもしれないが、「鼻から牛乳」のメロディーはバッハの『トッカータとフーガ ニ短調』の替え歌(元の曲に歌詞はないが)である。

他の「パズドラ」関連ネタもついでにどうぞ
プチョヘンザ
てま
マンクルポ
マッペーヤーリ
ハジドラ・オワドラ
ポカポカ運営
GungHo(ガンホー)の社名の由来

《こちらのネタもどうぞ》

マンガ・アニメ・音楽・ネット用語・なんJ語・芸名などの元ネタ、由来、意味、語源を解説しています。

Twitter→@tan_e_tan