Amazon Alexa(アレクサ)

読み : アマゾン・アレクサ

「Amazon Alexa(アレクサ)」は、Amazonが提供するAIアシスタント/音声認識サービス。
スマートスピーカー「Amazon Echo」や「Amazon Fire TV」などに搭載。

Amazon Alexa(アレクサ)の由来

「Amazon Alexa(アレクサ)」は、紀元前300年頃のエジプトに実在した古代の図書館、「アレクサンドリア図書館」が由来となっている。
度重なる略奪や侵略行為で喪失してしまったが、1,500年以上経った2001年8月1日に「新アレクサンドリア図書館」として再建された。

新アレクサンドリア図書館

画像:https://ja.wikipedia.org/wiki/新アレクサンドリア図書館

もともと「Alexa(アレクサ)」という名称を使っていたのは、1999年にAmazonの傘下となったアクセス解析ツールを開発している企業・Alexa Internet(アレクサ・インターネット)であった。
創立者のブリュースター・ケール氏は、ウェブページを保存する非営利団体インターネット・アーカイブの創立者でもあり、同団体はアレキサンドリア図書館のようにインターネット上にデジタルな図書館を創るために設立された。
アレクサ・インターネットは同団体と同じ年に営利企業として設立された会社。
※インターネット・アーカイブ社はウェブアーカイブを閲覧できるサービス「ウェイバック・マシン(Wayback Machine)」を提供している会社として有名。

少しややこしいが、「Amazon Alexa(アレクサ)」の大元の由来は「アレクサンドリア図書館」だが、Amazonの子会社であるアレクサ・インターネットが由来に関係している。