龍玄とし(X JAPAN・Toshl)

読み : リュウゲントシ

龍玄としはX JAPAN・Toshlの別名義。龍玄の読み方は「りゅうげん」。
※2010年2月にアーティスト名の表記をTOSHIからToshlに変更している。

龍玄としは作家やサウンドプロデューサーとして活動する際に用いている名義。2018年8月10日に開設したAmebaブログでは龍玄としの名義で公開。

また、龍玄とし(@Toshlofficial)名義でTwitterも開設している。

龍玄としの由来

龍玄としという名義は、スマホ向けRPゲームアプリORDINAL STRATA -オーディナル ストラータ(通称:オデスト)』でのゲーム内キャラクターの名前に由来する。本アプリではToshlはサウンドプロデューサーを担当し、キャラクターソングアルバム『オデスト キャラソン1』の全曲の作詞・作曲・編曲を手がけている。

Toshlはサウンドプロデューサーとしてゲームに携わりながら、龍玄としという名のゲーム内キャラクターの声優も担当。龍玄としがToshlであることは公開されている設定で、「Toshl襲来」「光のToshl降臨」という降臨イベントが開催された。

龍玄としはゲーム内での名前であったが、洗脳騒動などのイメージを払拭したいという思いから改名を考えることに。よく当たると評判の有名な占い師・銀座の母に本名と龍玄としという名前を占ってもらった結果、本名の出山 利三(でやま としみつ)は画数が大凶であるが、龍玄としは大吉であるという結果であった。

これを受け、Toshlは龍玄としという名義を作家やサウンドプロデューサー業でも使うことに。

このように龍玄はゲームから生まれた名前なのだが、龍玄という名前の響きのせいか宗教や洗脳を心配する声も少なくない。ファンの間では龍玄としの名義は周知の事実であるが、改名までの事情を知らない人からすれば無理のない話である。

その少し前に女優の清水富美加が幸福の科学に専念するために芸能界を引退し、その後、法名(宗教名)の千眼 美子(せんげん よしこ)として芸能活動を再スタートしたことが話題になっていたこともあり、法名を想起させる龍玄としという名前に宗教色を感じてしまった人が多かったのだろう。

【精霊Toshl(闇)】
精霊Toshl(闇)

【Toshlグロリア(光)】
Toshlグロリア(光)
出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000036.000032032.html

『オデスト』に楽曲提供した『CRYSTAL MEMORIES』

龍玄とし名義で手がけた『オデスト』のキャラソンアルバム

中国での名義・龍弦虎憧

2018年9月19日、龍玄としのオフィシャルブログにて、中国での名義が発表された。

その名も龍弦虎憧

「虎が憧れる」と書いて「龍弦虎憧」。日本語読みで「りゅうげんとし」となるので、読み方は日本での名義と同じである。

としはこの名前を非常に気に入っているようで、ブログでは「我ながら良い名前つけたのぅ」と綴っている。

《こちらのネタもどうぞ》