ふざけたロスタイムですね

読み : フザケタロスタイムデスネ

「ふざけたロスタイムですね」はサッカー中継の際にロスタイム(アディショナルタイム)の時間がおかしい時に使われるフレーズ。「ふざロス」「フザロス」などと略される。
日本代表の試合時に多く用いられ、日本がリードしている状況でやたらロスタイムが長い場合、あるいは日本が負けていてロスタイムが短い場合等に使用される。

ふざけたロスタイムですねの元ネタ・意味

2011年のアジアカップ日本対シリア戦での松木安太郎の言葉

この試合、いろいろとシリア寄りと思われる審判の判定に不満をいだいていた松木が、ロスタイム6分と聞いた時に放った一言である。

なんなんすかこれ」と同じ試合である。

「ロスタイム」から「アディショナルタイム」へ

サッカーでは前半45分後半45分が終わった後、怪我や交代などで時計が止められた時間が残りの試合時間として追加される。その時間を長く「ロスタイム」と呼ばれていたわけだが、これはそもそも日本でのみ使われていた言葉であった。「loss of time」からの造語で「ロスタイム」だったわけだが、日本以外では「アディショナルタイム」と呼ばれていた。2000年代に入り世界でも通用するようにということで「アディショナルタイム」が日本でも使われ始め、2010年には日本サッカー協会の審判委員会で「アディショナルタイム」に呼称を統一することとなった。その後テレビ中継などでも「アディショナルタイム」が使われるようになり日本でも一般的に。しかし現在でも「ロスタイム」と呼ぶ人は多く、たびたび耳にする。
そういうわけで今風に言うならば「ふざけたアディショナルタイムですね」「ふざアディ」となるのかもしれない。