いっちょんわからん

読み : イッチョンワカラン

「いっちょんわからん」とは、博多弁で「全然わからない」の意味

「いっちょんわからん」とは、博多弁で「全然わからない」「少しもわからない」という意味である。「いっちょん」は、博多弁で「全然(〜ない)」「少しも(〜ない)」という否定の意味で使われる副詞。

「いっちょんわからん」は、ライトノベル/アニメ「青春ブタ野郎」シリーズに登場する古賀 朋絵(こが ともえ)が言ったセリフ。下記は、主人公の梓川 咲太(あずさがわ さくた)が、古賀が原因で同じ日を繰り返す「思春期症候群」が起こっていることに気づいた時の会話。

梓川:
一応聞くけど、古賀に心当たりはないのか?

古賀:
いっちょんわからん

梓川:
なんだって?

古賀:
ぜ、全然わかんない

出典:青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない

古賀は、「いっちょんわからん」と言った後に、「全然わかんない」と言い直している。古賀は出身地である福岡の方言が出ないように気をつけているが、この時は同じ日を繰り返すという非日常の出来事が起こって焦ったのか、「いっちょんわからん」という博多弁を口にしてしまった。

このシーンは、原作では2巻の第一章「ブタ野郎には明日がない」、アニメ版では4話「ブタ野郎には明日がない」に登場する。

青春ブタ野郎はプチデビル後輩の夢を見ない

《こちらのネタもどうぞ》