相席スタート

読み : アイセキスタート

相席スタートはよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。
山崎ケイと山添寛の二人による男女コンビで、2013年に結成された。山崎は東京NSC13期、山添は14期なので山崎の方が1年先輩。

男女コンビのためコンビ間の恋愛について聞かれることも多いが、どちらとも名言しないというスタイルを取っている。
山崎ケイは「ちょうどいいブス」というキャラでピンでテレビ出演することも多い。

相席スタート

https://profile.yoshimoto.co.jp/talent/detail?id=3524

相席スタートの由来・意味

もともと二人は別々のコンビを組んで活動していたが、2012年に両方が解散。相方のいなくなった二人に共通の知り合いである作家がコンビ結成を勧めていたが、お互い男女コンビを組むという考えが無かったことや印象があまり良くなかったことなどから結成には消極的だった。

しかし、あまりにしつこく勧められるため一度お試しでコンビを組みライブをすることに。この時山添には解散した芸人が新しい相方を探すというドキュメンタリー番組の撮影を受けていた。

あまり乗り気ではないお試しのコンビ結成だったため、「相席くらいの軽い気持ちで始めた」ことからコンビ名を「相席スタート」とした。

ネタの最初には「お隣よろしいですか」最後には「お席外させていただきます」とコンビ名にちなんだセリフを定番化している。

ちょうどいいブスのススメ

《こちらのネタもどうぞ》