Wi-Fi

読み : ワイファイ

Wi-Fiは無線LAN機器の標準規格・IEEE 802.11シリーズの準拠を認証されたことを示すブランドの名称。
Wi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)によって認定が行われており、
認定された機器はWi-Fi CERTIFIEDのロゴを使用することができる。
※Wi-Fi Allianceは無線LAN製品の普及促進を目的とする団体。

Wi-Fi-CERTIFIED

ワイヤレスで通信ができるため無線LANと混同してしまうが、
厳密にはWi-Fiは無線LAN自体を指す言葉ではない
ニンテンドーDSやPSPといったゲーム機器、
iPhoneなどのスマートフォンもWi-Fiの認定を受けているが、
Wi-Fiを搭載しているのではなく、
Wi-Fiの認定を受けた無線LAN機器を搭載している
という認識が正しい。
「Wi-Fi接続」「Wi-Fi設定」という言葉もあるが、
これは無線LANを搭載した機器で無線に接続することを意味する。

Wi-Fiの由来・意味

Wi-Fiという名称は「The Standard for Wireless Fidelity」が由来で、
Wi-Fiという略称もここからきている。
「Fidelity(フィデリティ)」は「忠実性」を意味する。
Wi-Fiは”無線LAN機器間の相互接続性を認証・保障されている“ことを意味している。

無線LANが登場した当初は同じメーカーの製品間でも相互接続が保証されておらず、
ユーザーにとって互換性が確認しづらい状況にあった。
この問題を解決するためWi-Fiブランドが立ち上がり、
無線LANの互換性のテストを通過した製品にWi-Fi CERTIFIEDのロゴの使用を認め、
無線LAN機器同士の互換接続が可能であることが保障されるようになった
「IEEE802.11b準拠」という表記よりもWi-Fiロゴの表記またはWi-Fi対応という表記の方が分かりやすく、ユーザーは互換性の認識がしやすくなった。
こうした背景からWi-Fiというブランドが誕生したのである。