お体に触りますよ

読み : オカラダニサワリマスヨ

「お体に触りますよ」は文字通り体に触ろうとする奴の触ります宣言
マンガ『NARUTO』のコラ画像にやたらと使用される。

お体に触りますよの元ネタ

これはジャンプに掲載された『NARUTO』での誤植が元ネタとなっている。

暁のメンバーであるうちはイタチが雨に打たれながら涙を流すシーン。コンビを組んで行動していた干柿鬼鮫が病弱キャラのイタチの様子を心配して言ったのが「お体に触りますよ」である。

当然ながらボディタッチをするという意味ではなく、本来なら「お体に障りますよ」とするべきところの誤植。言うまでもないが「体に障る」とは「健康を害する」という意味。

こんな誤植を見てしまったらネタにしないわけにはいかない。ということでこれ以降この台詞を用いたコラ画像が大量に作成されることとなり、なんでもない一言が鬼鮫を代表する台詞となってしまった。

また、この誤植は公式にもネタにされており、平健史によるNARUTOのスピンオフ作品『ロック・リーの青春フルパワー忍伝』でもそのままこの台詞が登場する。