お前・・・消えるのか?

読み : オマエ・・・キエルノカ

「お前・・・消えるのか?」は対象が消えそうな時、いわゆる死亡フラグが立った時、あるいは立ちそうな時などに使われる。

お前・・・消えるのか?の元ネタ・意味

「お前・・・消えるのか?」はアニメ『Angel Beats!』の主人公・音無結弦が日向秀樹にかけた言葉が元ネタ。このアニメは死後の世界が舞台で、未練を解消すると消滅(成仏)してしまう、ということを頭に入れて解説を読み進めてほしい。

「お前・・・消えるのか?」というセリフが登場したのは第4話「Day Game」。本回では学園で野球大会が行われ、日向が率いるチームが決勝まで勝ち進んだ終盤、日向が生前の未練を抱えていた状況(高校球児であった当時、自身のミスで試合に敗れたこと)と似たような状況になった。

つまり、ここで日向がミスをせず試合に勝てば、日向の未練が解消されて消滅(成仏)するかもしれないという状況である。

それを察した音無が日向に対し、「お前・・・消えるのか?」と声をかけた。未練が解消されたらお前はもうここからいなくなるのか、という意味である。

左が日向、右が音無

日向は理不尽な死を与えた神への復讐を目的に活動する「死んだ世界戦線(略称・SSS)」の創始者メンバーの一人で、SSSのムードメーカーである。

作品の舞台である天上学園は死後の世界にある学校で、生前、理不尽な死によって満足に青春時代を送れなかった者がここへ送られる。学園で青春時代を過ごし、未練を解消できた者は消滅=成仏する。

以下、ネタバレ含む

日向は野球大会に参加することになり、自身が率いる日向チームはなんやかやで決勝まで勝ち進む。

日向は生前、高校野球で甲子園を目指していた球児(背番号2番、守備セカンド)であった。最後の地方大会の最終回、2アウトでランナー2、3塁。セカンドフライが上がり、日向の元に打球が飛んできた。簡単なセカンドフライだったが捕れず、試合後チームメイトから疫病神とまで言われ、自身のミスで試合に敗れたことで茫然自失となっていた時、先輩に薦められた薬物に手を出してしまう。そして薬物服用後にトラックにはねられて死亡し、天上学園にやってきた。

1点リードで迎えた日向チームの守備の回、2アウト、ランナー2、3塁。野球大会の決勝戦の終盤、日向の最後の夏と同じ状況に。ピッチャーの日向はタイムをとって日向に声をかけ、音無は生前の未練を聞かされる。それを聞いた音無はこう声をかけた。

音無:
お前・・・消えるのか?
お前・・・この試合に勝ったら、消えるのか?

日向:
消えねーよ・・・なんでこんなことで・・・消えるかよ・・・

ピッチャーの音無が投げたボールはセカンドフライとなり、セカンドを守っていた日向の元へ。日向に消えてほしくない音無は「捕るな」と願いながら全力で日向の元へ駆け寄る。

が、しかし、チームメイトであるユイに邪魔され、日向はセカンドフライを捕れなかった。試合には負けてしまい、日向の未練は晴れなかったため、結局は日向は消えずに学園に残った。

死亡フラグっぽい言葉だが、結局は消えていないので死亡フラグではなかった。ネット用語としては死亡フラグとしての意味合いが強くなっている。