ジョジョの奇妙な冒険元ネタまとめ第5部

読み : ジョジョマトメ

元ネタとなっているのはプリンスのアルバム『The Gold Experience
プリンスという名前から日本では「殿下」とも呼ばれている。

スティッキィ・フィンガーズの元ネタ

スタンド名の元ネタはローリング・ストーンズのアルバム『Sticky Fingers
また、『ブローノ』はイタリア語で『喪服』を意味する。

The Rolling Stones(ローリング・ストーンズ)の由来

セックス・ピストルズの元ネタ

スタンド名の由来はイギリスのパンクバンド『Sex Pistols
パンクロックの代表的な存在とされるバンドである。

また、『ミスタ』はイタリア語で『ミックス』の意味を持つ。

Sex Pistols(セックスピストルズ)の由来

ムーディー・ブルースの元ネタ

元ネタとなっているのはイギリスのバンド『The Moody Blues
60〜70年代のプログレッシブロックブームを支えたバンドの一つで、
ビートルズやローリング・ストーンズと同じ世代のバンドである。

レオーネ・アバッキオの名前の由来は、
レオーネ → イタリア語で「ライオン」を表す『leone』
アバッキオ → イタリア語で「叩きのめす」を表す『Abbacchio』


The Moody Bluesの由来

パープルヘイズの元ネタ

元ネタとなっているのは
ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスの楽曲『Purple Haze』
多くのアーティストにカバーされる名曲で、
日本でもCMソング等でよく使用されているので知っている方も多いはず。

また、パンナコッタ・フーゴの名前の由来は
パンナコッタは日本でもよく知られているお菓子の名前で、「煮た生クリーム」という意味を持つ。
フーゴはイタリア語で「撒き散らす」という意味を持つ『Fugo』
毒を撒き散らすスタンドを持つからでしょうかね。

ブラックサバスの元ネタ

スタンド名の元ネタとなっているのは、イギリスのロックバンド『Black Sabbath
ヴォーカルのオジー・オズボーンが結成したバンド。
2011年11月11日11時11分にオリジナルメンバーでの再結成を発表した。

また、「ポルポ」はイタリア語で「タコ」の意味である。

Black Sabbath(ブラック・サバス)の由来

キング・クリムゾンの元ネタ

時間を飛ばし、その飛ばした時間の中を自由に動くことができる能力。

スタンド名の元ネタとなっているのは
イギリスのプログレッシブロックバンド『King Crimson

さらにこのキング・クリムゾンの未来を予知する能力である『エピタフ』も
このキング・クリムゾンの楽曲名が由来となっている。
ファーストアルバム「キング・クリムゾン宮殿」に収録されている曲で、
『Epitaph including March For No Reason and Tomorrow And Tomorrow』
邦題が『エピタフ(墓碑銘)』である。

ディアボロの由来

ディアボロはイタリア語で『Divolo』であり、『悪魔』を意味する。
ディアボロは二重人格であり、もうひとつの人格の名前は『ドッピオ』だが、
イタリア語で『Doppio』は『二重』を意味する言葉で、二重人格であることを示している。

また、フルネームだと「ヴィネガー・ドッピオ」であり、ヴィネガーは英語で『』を意味する。
イタリア語版ではフルネームが「アチェート・ドッピオ」に変更されているが、
アチェートはイタリア語で『Aceto』こちらもやはり『酢』を意味する。

《こちらのネタもどうぞ》