ナーフ

読み : ナーフ

ナーフとは・意味

「ナーフ」は主にオンラインゲームなどで使われる用語で、キャラクターや技、アイテムなどの下方修正を指す。

最近では特にカードゲームでよく使われ、猛威を振るっているカードをナーフ(弱体化)することで環境を調整する。
苦労して手に入れたのに使えないものになってしまったり、あるいは逆に好きなんだけど実用性のなかったものが使えるようになったりと様々な影響に悲喜こもごもである。

ナーフの語源

ナーフはローマ字では「nerf」と書かれるがネットスラングであり、こういった意味の英単語があるわけではない。

語源となっているのはアメリカのおもちゃメーカーHasbroが販売している水鉄砲のブランド名である「NERF」
もともとは強力だった銃が弱体化によって水鉄砲のように弱くなってしまうことから、広く知られている水鉄砲である「NERF」の名前が「弱体化」の代名詞として使われるようになっていった。

Nerf ナーフ ゾンビストライク ハンマーショット ブラスター オレンジトリガー 並行輸入

最初にどのゲームで使われだしたのかは定かではないが、銃が水鉄砲のようになってしまうというところからFPS界隈で使われ始めたのではないかと言われている。

「ナーフ」は強いものを弱体化させることを指すが、反対に弱いものを強化する調整のことは「バフ」と呼ばれる。
こちらは英語で「磨き上げる」を意味する「buff」という単語がもとだと言われる。

《こちらのネタもどうぞ》