ジブリの法則

読み : ジブリノホウソク

このジブリの法則のジブリは、『となりのトロロ』『魔女の宅急便』『もののけ姫』などのアニメ映画で知られるアニメーション制作会社のスタジオジブリのこと。

STUDIO GHIBLI SONGS

ジブリの法則とは – 意味

ジブリの法則とは、金曜ロードショーでスタジオジブリのアニメ映画が放映されると、その日、または翌取引日に為替や株式市場が大荒れになるとされる金融業界でまことしやかに囁かれる都市伝説である。ジブリの呪いと言われることも。
ジブリの法則は明確な原因があるわけではなく、いわゆるアノマリー(合理的な説明ができない現象)やジンクスであるが、日本の株価に影響を与える可能性があることから、金曜ロードショーでスタジオジブリの作品が放映される日を警戒する個人投資家も。特に『天空の城ラピュタ』には「バルス」という滅びの言葉が登場することから、ただのジンクスでは済まされない怖さがあるとかないとかなんとか。

天空の城ラピュタ [DVD]魔女の宅急便 [DVD]

ジブリの法則は根拠のないジンクスとされるが、金曜ロードショーの放送時間帯である21時〜23時の時間帯は、米雇用統計が発表される時間と重なることが多いのがひとつの理由として考えられる。米雇用統計は毎月第1金曜日、現地時間で8時30分、日本時間で21時30分(夏時間)、または22時30分(冬時間)に発表される。米雇用統計では10数項目の指標が発表され、注目される非農業部門雇用者数と失業率の予想値と発表値の差が大きい場合、為替相場に大きく影響する。

ジブリ映画が世界的に人気であっても、金曜ロードショーが放映されるのは日本の放送局のみであり、金曜ロードショーがちょうど米雇用統計が発表される時間帯であるため、ジブリの法則を原因として為替や株式市場が荒れるとは考えにくい。ただ、金曜ロードショーでジブリ映画放送される日と、米雇用統計が発表される日が重なる日がよくあり、相場や市場が荒れるとどうしても結びつけて考えてしまう。ジブリの法則はあくまでも都市伝説であるが、信じるか信じないかは・・・アナタ次第!